男性の育休に取り組む くるみんマークについて

くるみんマークとは?

次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の認定を受けた企業が使えるマークです。

くるみんマークの認定を受けるには?

まずは、従業員の仕事と子育ての両立を図るための一般事業主行動計画(以下「行動計画」という。)を策定し、行動計画を公表し、従業員への周知を行います。行動計画に定めた目標を達成し、一定の要件を満たした企業は、申請を行うことにより、認定を受けることができます。

認定要件は以下のとおりです。

  1. ① 適切な行動計画を策定したこと
  2. ② 計画期間が2年以上5年以下であること
  3. ③ 行動計画に定めた目標を達成したこと
  4. ④ 適切に公表及び労働者への周知をしたこと
  5. ⑤ 男性の育児休業取得率が7%以上であること、または、育児休業取得者と企業独自の育児目的休暇の取得者の合計の割合が15%以上であり育児休業取得者が1人以上いること
    ※従業員数が300人以下の一般事業主には特例があります。
  6. ⑥ 女性の育児休業取得率が75%以上であること ※従業員数が300人以下の一般事業主には特例があります。
  7. ⑦ 3歳から小学校入学するまでの子をもつ労働者を対象とする短時間勤務等の措置を講じていること
  8. ⑧ フルタイムの労働者等の法定時間外・法定休日労働の平均が各月45時間未満であること、かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の労働者がいないこと
  9. ⑨ 所定外労働の削減、年次有給休暇の取得促進等の措置を講じていること
  10. ⑩ 法及び法に基づく命令その他関係法令に違反する重大な事実がないこと

プラチナくるみんマークとは?

プラチナくるみんマーク

くるみん認定企業のうち、より高い水準の取組を行い、優良な「子育てサポート企業」として厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の特例認定を受けた企業が使えるマークです。

くるみんマーク・プラチナくるみんマークの詳細はこちら(厚生労働省HP)

認定企業名について

くるみん認定及びプラチナくるみん認定企業名都道府県別一覧
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/jisedai/kijuntekigou/index.html)