イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須

※携帯メールアドレスはご利用いただけません。予めご了承ください。

確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 927件中、381件目 ~ 390件目を表示 (39/93ページ)

  • サントリーホールディングス株式会社

男性が積極的に育児に参画し、様々な経験をすることは、新たな発見や自身の成長にもつながり、価値観の多様性を高めます。
多様な価値観は、多様な発想を可能にし、仕事のイノベーションに良い影響を及ぼすだけでなく、働き方の革新や働きやすい職場の風土づくりにもつながると考えられます。

「仕事」も「育児」も全力投球!そんなちちおやたちをサントリーは応援しています。

  • 株式会社九州タブチ

当社で働く社員の子どもたちに「将来お父さん・お母さんの会社で働きたい!」と思ってもらえる魅力的な職場環境を築いていくため、女性社員だけでなく男性社員も積極的に育児に関われるような風土づくりを行っていきます。

九州タブチは育児と仕事の両立を実現させるために日々頑張っているすべての方々を応援します!

  • 株式会社 PFU

PFUはお客様の進化を支えながら期待に応え、社員一人ひとりが主役
となって活躍できるように、多様な働き方を推進します。
特に、男女に関するこれまでの固定的な考え方から脱却し、男性がより
積極的に育児に関わることが出来るように、社内制度の整備・風土の醸
成に努めることを宣言します。

  • 株式会社アドバンファシリティズ

当社は、愛児が健やかに育つよう、ワーママに限らずイクメンの支援も惜しみません!

  • NTTデータシステム技術株式会社

「多様さをエネルギーに成長し続けるチャレンジャー」を合言葉に、ワークライフバランスを推進し、
多様な能力、多様な働き方を活かし、経営層も社員もともに挑戦し、学び、成長し続ける組織と
なることを目指します。

  • 凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部

「企業は人なり」の理念のもと、従業員が「やる気」「元気」「本気」で
仕事に取り組めるようバックアップしています。
次世代育成支援にも積極的に取り組み、イクメン従業員をサポートしています。

  • 生活協同組合 パルシステム山梨

パルシステム山梨では、育児をしながら仕事をする人を応援します!
次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、その育児を職場で働く職員が無理なく仕事と両立できる職場環境の整備を目指しています。また男女共同参画社会に向けて、男性が育児に参加することを奨励し、女性には育児にかかわる期間の職場体制を考慮しています。

  • サイボウズ株式会社

サイボウズはイクメンを応援します!

  • 株式会社クボタ

クボタは、従業員一人ひとりの成長、会社の成長、社会の成長を目指しています。社会の成長に次世代育成は欠かせません。子育ても仕事も積極的に取り組むイクメンのサポーターであり続けます!

  • 昭和電工株式会社

「育児は育自」、子育ては自分自身を育てるといわれています。
子育てを通じて、家族の絆や人とのつながりを深め今までの自分にはなかった視野を広げ成長していただきたいと考えています。
昭和電工は、仕事も育児も充実させたい男性社員を応援します。