イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号(13桁)※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須
確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 957件中、451件目 ~ 460件目を表示 (46/96ページ)

  • 日本生命保険相互会社

生命保険会社という当社の業態、社会的意義に鑑み、多様な働き方や仕事と生活の両立、とりわけ男女共に子育てをしながら働き続けることができる環境整備に向けた取組として、男性の育児休業取得を推進するとともに、効率的な働き方の実践、早帰り運営や各種休暇等の取得徹底を通じた男性の育児参加を推進して参ります。

  • 株式会社 日豊ケアサービス

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、年次有給休暇取得促進の措置(年次有給休暇の時間単位で取得出来る制度)を行う

  • アンダーワークス株式会社

アンダーワークスは、能力を十分に発揮しながら仕事と子育てを両立できるよう、育児ママパパを全力で支援します。

  • 株式会社カネタケ竹内建築

㈱カネタケ竹内建築はイクメンプロジェクトを応援しています!

家造りを通して、子育て世代、地域の絆作りに貢献することを宣言します。

  • 株式会社ベネッセコーポレーション

株式会社ベネッセコーポレーションでは、「社員の仕事と生活との調和が図られることにより、貴重な労働力の継続的な確保とパフォーマンスの維持向上」を基本的な考え方に、男女区別なく、育児・介護の両立支援策や、スーパーフレックス制度・在宅勤務制度等の時間や場所の柔軟性を高める施策を推進しています。

  • 一般社団法人アイエムアイ

「お父さん」の愛情を密かに待っている子どもが何億人といます。一般社団法人アイエムアイは、保育を通して女性の社会進出そして「父性愛の大切 さ」を社会に発信していきたいと思います。父性愛に溢れた社会になることを願って応援していきたいと思っています!!

  • 株式会社Way-formation

株式会社Way-formationは「イクメンプロジェクト」を応援します!
子育てを楽しみ、子育てから学ぶ。
より子育て世代のお客様の気持ちを理解したスタッフが
フロアコーティングの技術を活かした育児のお手伝いを提案していきます。

  • 家計のサポートセンター

ファイナンシャルプランニングを通じてイクメンの家計運営を応援し、私自身も家事・子育てに積極参加します!

  • 「これからのイクメン」委員会

これからパパになる男子、イクメン現在進行中のパパ、
子どもを誰よりも大切に思っているすべてのパパと、
ママたちを応援します。

  • ママジョブネット

ママジョブネットは静岡県西部地域でイクメンプロジェクトを広めるため、イクメンサポーターに
登録いたします。

主に私どもが発行しているフリーペーパー『バンビーニ』の中でイクメンのページを設けて
パパの子どもとの関わり方や家事育児の参加について、浜松のパパを巻き込んで紹介していきたいと思います。