イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須

※携帯メールアドレスはご利用いただけません。予めご了承ください。

確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 927件中、531件目 ~ 540件目を表示 (54/93ページ)

  • 日清食品ホールディングス株式会社

私たち日清食品グループは、さまざまな「食」の可能性を追求し、夢のあるおいしさを創造していきます。
さらに、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じて、社会や地球に貢献します。

  • 株式会社CyberZ

サイバーエージェント100%子会社のスマートフォン広告に特化した代理店です。
インターネット産業、広告産業において子育てをする男性、女性を支援するようなワークライフバランスを創造していきたいと思います。

  • 産経新聞社

産経新聞社では、昨年7月から、「共に育む イクメン応援団」としてトモイクキャンペーンを展開展開。月に1回「トモイクのページ」を、隔週でイクメンパパレシピを掲載しています。
2月25日には「~共に育もう!~イクメン シンポジウム」を開催します。
また、産経新聞社として、くるみんマークも取得しています。

  • 国立大学法人 岩手大学

岩手大学イクメンサポート宣言

私たちは、岩手大学が性別に関わりなく、様々な年代層が学びやすく、ワーク・ライフ・バランスに配慮した、働きやすい環境となることをめざし取り組んできました。
私たちがめざす大学となるために、厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同し、イクメンをサポートしていくことをここに宣言します。

1.私たちは、教職員が仕事と生活を両立できる環境整備にこれからも積極的に取り組みます。
2.私たちは、大学の特性を踏まえ、次世代を担う学生の活動と連携し、子育てに関わる人たちをサポートすることにこれからも積極的に取り組みます。

2011年12月19日
岩手大学
学長 藤井克己

  • 瀬崎社会保険労務士事務所

私たちは、子育てをする男性、女性を応援します!
仕事と子育ての両立支援をする企業、両立支援をお考えの企業を全力でサポートします!

  • 江崎グリコ株式会社

グリコは、「おいしさと健康」の企業理念を通じて、イクメンプロジェクトを応援します。

  • 山下社会保険労務士相談センター

山下社会保険労務士相談センターは、イクメンプロジェクトの趣旨に賛同します。
ひとり一人の意識そして行動の変化が、社会の変化に繋がっていきます。
私たちは、企業様の労務管理のサポートを通して、イクメンプロジェクトの成功に
貢献していきたいと思います。

  • 犬飼社会保険労務士事務所

こども一人一人に、沢山の愛情を周りの人がそそいであげましょう。
笑顔あふれる地域になることを願って、社労士として、母として、妻として
育メンを応援します!!

  • ミーオンブック

ミーオンブックは絵本を通じて、父親が積極的に子育てに参加し、親子の絆を深めることを支援していきます。

  • 国立大学法人岡山大学 次世代育成支援室

全国有数を誇る広大なキャンパスに11学部を擁する岡山大学。本学に勤務する多様な教職員が、それぞれのもつ力を最大限発揮することができるよう設置されたダイバーシティ推進本部の一翼を担う次世代育成支援室は、より子育てしやすい環境を目指し、その一環として男性教職員が積極的に育児に関わることができる風土作りに取り組みます。「育児支援は家族単位」を徹底し、女性だけに偏らない支援策を構想、育児をする者全てを対象とした制度をもって、その利用促進を推進します。