イクボス宣言をする/見る

投稿する

見る

全 206件中、151件目 ~ 160件目を表示 (16/21ページ)

  • 株式会社カラダスイッチ医学研究所 中村光太郎 代表取締役会長

イクボス宣言

【イクボス宣言】

●治療家という患者さんの辛い症状を緩和し助けることを生業としている者として、
 自分や自分の家族が幸せじゃなければ患者さんを助けられないという言葉を
 モットーに、しっかり働く時には働き、休む時には休み、大切な人との時間など
 プライベートも大切にすることを目指しています。

●代表も2人の子供を持つパパとして、男性社員も躊躇なく育児休業を取得できるような
 職場を目指し、環境を整えています。

●全社員が自分や自分の家族を大切にしながら働ける風土を目指して、イクボスを宣言
 いたします。

2021/08/28 14:37
  • KITAGAWA株式会社 北川 翔 専務執行役員

イクボス宣言

1.すべての社員が仕事も私生活も充実させることを目指します。
2.働きやすい職場環境作りに取り組みます。
3.家族との時間を大切にできるように応援します。

2021/08/25 17:34
  • 株式会社ベストリペア 代表取締役 佐藤守

イクボス宣言

子は宝。秋田の少子化を食い止めるためにも、会社全体で支えます。

2021/08/22 14:50
  • 株式会社南西テレワークセンター 藤崎浩一 常務取締役

イクボス宣言

ワークライフバランスを尊重し、共に働く社員が仕事と私生活を両立させ、安心して働き続けられるよう応援します。
フレックスや在宅勤務等、ライフスタイルに合わせた多様で柔軟な働き方を推進します。
男性社員の育児休暇取得を目指します。
男女がいきいきと働ける職場づくりに努めます。
社員が持てる力を最大限発揮できるよう、現場の意見を大切にし、働き甲斐のある環境をつくります。
職場内の仕事の情報をシェアし、家族の事情で急に仕事を休んでも仕事をシェアし合える職場づくりに努めます。
会議・協議の効率化に努めます。

2021/08/16 17:41
  • 株式会社ヒップ 大羽謙一 代表取締役

イクボス宣言

男性社員の育児休業取得を応援します。

2021/07/04 16:06
  • エフエムさがみ(FM HOT 839)平岩夏木 代表取締役

イクボス宣言

◆地域メディアとして、SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の達成に向けて理解を促す情報を発信していきます。

◆職業生活と家庭生活が両立できる職場環境づくりを推進します。

◆私自身、生活と仕事の両立を応援すると共に、育児休業についての理解を深め、「イクボス」になることを誓います。

2021/06/29 14:48
  • ネットリンクス株式会社 前田洋一 代表取締役

イクボス宣言

全従業員のワークライフバランスの維持・向上の為に、様々な支援を行い、自ら率先してワークライフバランスの実現を目指すことを誓います。

・在宅勤務、モバイルワーク、時短勤務、時差出勤など、多様な働き方を選択できるようにします。

・性別を問わず育児休暇を取得しやすいよう、制度の周知と社内風土の醸成に努めます。

・従業員の有給休暇取得を推進します。

・毎週水曜日の「ノー残業デー」を奨励し、時間外勤務の縮減に努めます。

2021/06/29 13:50
  • 株式会社ラクロー 岩崎奈緒己 代表取締役

イクボス宣言

性別を問わず、育児経験を問わず、だれもが育児中の人をあたたかく見守り、応援できるような会社の環境を目指します。
育児の上で必要な時間を確保できるように、気兼ねなく、安心して休める休暇制度を充実させていきます。

2021/06/29 12:48
  • (株)JERA 佐野 敏弘 代表取締役会長、小野田 聡 代表取締役社長 

イクボス宣言

 当社は「社員やその家族の幸せ」と「企業価値を高める成長を促すこと」をビジョンとして、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しております。多様な価値観を持つ人財が最大限能力を発揮するには、多様な働き方を認め合う風通しの良い企業風土づくりが必要です。
 男性社員も堂々と育児休職を取得でき、全社員が自分らしく活躍できる風土を目指して、イクボス宣言を致します。

2021/06/29 11:57
  • フラワー・ブロスTMS株式会社 林 広樹 総務部長

イクボス宣言

・全社員のワークライフバランスの維持・向上のために「有給休暇100%消化プロジェクト」を発足し、社員に声かけをして取得促進に努めます

・管理職が育児休業や介護休暇などの制度をしっかり理解し、取得しやすい職場環境づくりに努めます

・子育てや介護をしている社員の働き方の選択肢を増やします

部下からの推薦

自らも子育て真っ最中で、悪戦苦闘されています。
夜の当番があるらしく、夜泣きやミルク、オムツ替えなどパパができることを実践し日々奮闘する姿。これぞイクメン!!
それらの経験をもとに部下に接するため、男性社員の育休取得者も増えています

2021/06/17 09:46