イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号(13桁)※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須
確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 1027件中、921件目 ~ 930件目を表示 (93/103ページ)

  • 株式会社パトライト

パトライトでは社内制度の充実化によるワークライフバランス推進の結果、積極的に育児に参加する男性社員がここ数年でなんと3倍に!
実は私たち、パトカーのライトや工場・街中で使われている回転灯のメーカーとして社会の「安心・安全・楽楽」の実現に貢献している会社です。
パトライトが目指しているのは、家庭でも「安心・安全・楽楽」が実現される未来。そんな未来作りの大切な担い手であるイクメンを、パトライトは応援します!!

  • 一般社団法人日本ベビーダンス協会

パパの赤ちゃんをあやす時に“ベビーダンス”
忙しいパパの赤ちゃんとの絆作りに、ベビーダンスプログラムで応援します!

パパの大きな腕で赤ちゃんを包み込んで、親子で音楽に合わせてステップを踏めば、
いつしか赤ちゃんもウットリ、スヤスヤ・・・。

 “ベビーダンスサンバ” はラテンの心地よい動で、赤ちゃんの眠りを誘います。
3 拍子の“ベビーダンスワルツ” は優雅な癒し系。そして、4 拍子でスマートな
“ベビーダンスブルース” はスイングが気持ちいいダンスです。

簡単かつ運動生理学に基づいているので、
パパのエクササイズにも最適!

ダンス経験はもちろん不要の日本初だっこコミュニケーション
「ベビーダンス」プログラムで、パパの育児を応援することを、
ここに宣言致します!!

  • 保育ランドおあふ

子供が生まれたのを契機に「子育てはみんなでやろう」と思い立ち、小さな託児所を立ち上げました!こども自身、そして働くパパ&ママも安心して頼れる託児所を作ろうと、職員たちと共に日々奮闘中です。

私自身、1歳8ヶ月になる息子に愛される「イクメンパパ」目指して試行錯誤の毎日です。一人では難しいことも、みんなでやれば実現できるはず。本当は楽しいはずの子育てが、負担にならないような社会を作っていきましょう!

  • 子育て支援NPO マザーズパーティー

社会全体で子育てを支援していく大きな波が起こるようにイクメンプロジェクトを応援していきます。
イクメンってカッコイイ!世の中の女性も男性もあらゆる世代の人達がそう思うことで男性の育児参加に偏見が無くなる社会にしていくよう努力を惜しみません。
社会が変わることで、仕事をしてる女性も、していない女性であっても子供を積極的に生みたいと思えるように変えていきたいです。

  • TOTOエンジニアリング株式会社

◇ TOTOエンジニアリング㈱は、男性も育児参加しやすい空間を提案します。
 ・男性も使いやすいベビールーム
 ・子供が使いやすく、親も見守りやすいキッズトイレ
 ・男性トイレにも子供連れを配慮

  • 神戸市の弁護士・西谷法律事務所

働く男性が育児にも積極的にかかわる。素晴らしいことです。
クメンプロジェクトに賛同し、サポートをしていきます。

  • 有限会社エム・オー・シー

我が社は、社長自らイクメン中です。
これから仕事と育児に頑張る父親を積極的に応援していきます!

イクメンを推進することで、以下の効果を期待します。
 ①母親の育児が楽になるとともに、父親の育児に対する価値観を変えます。
 ②仕事人間から脱却させ、社員のモチベーションをあげることで仕事の効率化を図ります。
 ③親と子供の関わりが十分持てる世の中を構築することを目指します。

  • 株式会社ダイケン住宅

私たちダイケン住宅は「イクメン目線=ママ目線の家」を目指して
この冬、東京都狛江市にモデルハウスをオープンします!!
東京の木「多摩産材」を使用して、からだにやさしく子育てしやすい家をつくり
イクメンプロジェクトを応援します

  • 札幌市子ども未来局

札幌市は、短期育児休暇(有給)を取得した男性従業員が出た企業に助成金を支給するなど、ワーク・ライフ・バランスに取り組む企業を支援することで、イクメンをサポートする職場環境づくりを推進します。

  • 横浜市

横浜市では、ワーク・ライフ・バランスを推進する一環として、
父親の育児・家事を支援する「横浜パパスクール」事業を実施しています。

「横浜イクメンスクール」をはじめ、父親向けの多様な講座やイベントを地域で開催し、
その機会を通じて父親のネットワーク(パパ友)づくりを推進していきます。

また、同事業の1つとして、公式サイト「ヨコハマダディ」をオープン。
パパの育児を応援するための様々な情報発信を行っていきます。