イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須

※携帯メールアドレスはご利用いただけません。予めご了承ください。

確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 927件中、651件目 ~ 660件目を表示 (66/93ページ)

  • NAVERcafe

ネイバージャパン株式会社が運営するコミュニティサイトNAVERcafeでは、赤ちゃんとの毎日の思い出写真を投稿する『今日の赤ちゃん』cafeや、遊び場情報を共有する『子供と遊べるスポット』cafeを運営することで、パパと赤ちゃんの毎日を楽しくすることを応援します。

  • 株式会社ドリームエデュケーション

代表(坂本七郎)自身が現在、1歳の育児に奮闘中。イクメンの普及を応援させていただきます。

  • 内閣府認証 NPO法人 ロイヤルセラピスト協会 指定スクール Ital Mammy <アイタル マミー>

熊本のべビーマッサージ教室・セラピスト養成スクール
Ital Mammy(アイタル マミー)です。
一般のべビーマッサージ教室の他、低出生体重児(未熟児)のお子様や
シングルマザーとべビーの為のべビーマッサージ教室
パパの為のべビーマッサージ教室も開催しています。

講師の私もシングルマザーで二児の母です。

父親の育児参加は社会的にも大変大きな役割があります。
子供を作るだけではなく、育てる勇気を持って下さい!

  • 日本システムウエア株式会社

イクメンが増えるようサポートしていきます!!

  • リラッシュ

リラッシュは、イクメンプロジェクトに賛同し、子育てパパも応援することを宣言いたします。

  • 福智町役場

広報紙を活用し住民に「イクメン」をはぐくみます。

  • ロイヤルベビーマッサージ carino

私は子育てをするパパを応援し、ベビーとの接し方をマッサージを通じてサポートする事を誓います!

  • ファミリーライフフェア実行委員会事務局

輝く子どもの将来と家族のライフスタイル向上のための見て触れて体感ができる体験型イベントをパシフィコ横浜で実施します。
ファミリーライフフェア実行委員会事務局は、イクメンサポーターとして「子育てグッズ」「子育て支援サービス」を提供し、子どもを中心とした家族のライフスタイル向上による社会全体の活性化を目指していきます。

  • ベビママサークル

育メン普及のために尽力します!

  • テネレッツァカンパニー

イクメンという素敵な言葉にとても魅かれています。
こんな素敵なパパがいっぱいいる日本になって、
とっても嬉しいです。

素敵イクメンの家族に対する心のぬくもりを形にするお手伝いをさせていただきたいと思っております。
奥様にお花をプレゼントをしたことはありますか?
きっと、お付き合いをされているとき、お誕生日やプロポーズの時に少し恥ずかしい気持ちを持ちながらお花やさんに足を運び、花束をご用意された方も多いのでは?

お花をもらうと、女性は自然と笑顔がこぼれます。
それだけで心が潤い、心にゆとりができます。

そんなお花をもう一度贈ってほしいなと思います。
お花屋さんに行くのは、少し恥ずかしいけれど、奥様のイメージ、好きなお色をお伝えいただくだけで
ぬくもりがいっぱいのお花をおつくりしてお届けいたします。
記念日にはもちろん、何もない日に お花を贈られた奥様のスウィートな笑顔がいっぱいあふれますように。