イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

イクメンサポーター宣言

イクメンサポーター活動

イクメンサポーター登録を『する』(企業・団体)

全国の企業・団体から寄せられる宣言を随時更新中!

  • ※企業、NPO等団体名称でのご登録をお願いいたします。企業、NPO等団体が運営及び管理する店舗・サービス名称での登録は受け付けておりません。
  • ※同一法人・団体での重複登録があった場合、最初の登録のみ掲載となります。
  • ※掲載までに1週間前後かかる場合があります。
  • ※商業用の広告・宣伝・勧誘等を目的とする登録であると事務局が判断した場合、登録を削除するとともに、今後の掲載も認めません。
イクメンサポーター登録をする
企業・団体名必須


法人番号※企業の場合は必須
所在地必須

担当者のお名前必須
メールアドレス必須

※携帯メールアドレスはご利用いただけません。予めご了承ください。

確認用メールアドレス必須
企業・団体サイトURL

※http://、https://からご記入ください。

サポーター宣言必須
企業・団体ロゴ

※企業・団体ロゴ掲載のご希望の場合


※ファイル形式は、JPG、PNGでご応募ください。
※画像の容量は1MB程度を推奨します。
※最高2MBまでの画像が応募可能です。

ロゴの仕様書がある場合はこちらにお願いします。

※ファイル形式はPDFでお願いします。

ご登録を行う場合は、下記「個人情報の取扱いについて」「サポーター登録規約」を事前にご確認ください。
ご登録いただいた場合、それらの内容に同意されたものとさせていただきます。

※エラーメッセージが表示され登録ができない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
イクメンプロジェクト事務局
E-mail :info@ikumen-project.jp

サポーター登録に関する個人情報の取り扱いについて
イクメンプロジェクトサポーター登録規約

全 957件中、901件目 ~ 910件目を表示 (91/96ページ)

  • xNプロジェクト

私たち「育活エール」は「長野市の子育てをちょっと便利にする」を
合言葉に、サイトを立ち上げました。長野市の皆さんの育活を
応援するのが目的です。

実は育活エールは男性が作っています。イクメンが当然のこととして
とらえられるようになってほしいという思いからです。

育活エールでは、極力シンプルに市役所の育児情報を整理しています。

長野市の男性の皆さん、まずは市役所の情報を調べて奥さんと話す
ことから育児に参加してみてはどうですか。

長野市のイクメンを応援しています!

  • 合同会社システムGenKi

仕事も全力で頑張りつつ、育児や家事にも積極的な父親を応援します。
イクメンを増やす活動に協力いたします!

  • 古谷社会保険労務士事務所

古谷社会保険労務士事務所はイクメンプロジェクトをサポート致します。
特に、中小企業で働くイクメンを応援・支援していきます。

  • でん舎

子育て・子育ちを応援するために太鼓を叩いたり、歌や踊りを伝えたりしている<和太鼓父ちゃん>です。

  • LLCのこたべ

弊社では、「北海道父ちゃんプロジェクト」を2010年1月に発足させました。

これまで、料理教室、田植え、オリジナル前掛け作成、登山を実施。今後もキャンプ、アウトドア料理教室、セミナーなど開催予定です。

これらのイベントを通し、父ちゃん同志の交流を図り、父親自身が楽しい育児を提案していきます。

そして、孤立化しがちな育児を防ぎ、「みんなで子育て」できる世の中を目指します。

  • 有限会社山脇マーク製作所

男性による子育てを通じて、日本という国が、より生きやすい社会になれるように、私たちは「イクメンプロジェクト」を応援していきます。

  • 社会福祉法人瑞穂市社会福祉協議会

男性の子育てを応援しようと、市民ボランティアと協働で「ホリパパサロン(ホリデー・パパ・サロン)」を隔月で開催しています。7月17日にリトミックで楽しんでもらおうと計画しています。
今後は開催回数や場所を増やし、気軽に参加できるスペースにしていけたらと思っています。

  • 下小田中小学校おやじの会

下小田中小学校おやじの会は、川崎市立下小田中小学校に通学する子ども達のお父さん有志の集まりです。
子ども達の笑顔とおやじ達の喜びのために、「できるときに・できることを」をポリシーに気軽に楽しく地域・学校でのボランティアやイベント活動をしています。
子どもが大きくなっても、イクメンは続けられます!子どもが小学校に上がったら、おやじの会に参加してみてください。それぞれの地域で同じ思いを持つイクメン達とともに活動し、子ども達がすくすくと育っていける社会をつくっていきましょう。

  • なちゅらるふぃーるど

2009年8月1日に子どもが生まれ、代表も子育中です。子どもに対して出来ること、できないことを見極め、子どもの成長に貢献していくことが大事だと思います。これからは、男性も育児休業がもっともっと取れるように、自営業者やフリーランスへの国の支援も考えていく必要があると思います。たとえば、イクメン中の専業農家がたくさん出てくる日本にしないといけないと思ってます!

  • 西条市立小松温芳図書館

小松温芳図書館利用者へのPRをする。