イクメンサポーター宣言・イクメンサポーター活動をする/見る

投稿する

見る

全 241件中、211件目 ~ 220件目を表示 (22/25ページ)

  • 株式会社 三宅建築工房(法人番号1290001046178)

㈱三宅建築工房 三宅信二郎 代表取締役

男性が育児休暇を取得しやすい職場環境づくりに努め、男性社員も安心して子育てに参加できる企業を目指します。

2020/08/06 12:51
  • 株式会社ベルシステム24ホールディングス(法人番号2010001159015)

株式会社ベルシステム24ホールディングス 野田 俊介 代表取締役社長

【宣言】
ベルシステム24は、すべての社員が、ライフステージを通じて成長しながら、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場(コミュニティー)を作ります。
その一環として、男性社員が育児参加により家族との絆を深め、視野を拡げ、会社も社員も共に成長していく事を目指します。

【活動内容】
具体的には、下記活動を実施しています。

①男性育休ガイドブックの作成
  育児休業の制度、社内手続き方法、取得例などをまとめた「男性育休ガイドブック」を作成し、全社員に展開しています
②男性育休専用相談窓口の設定(収入シミュレーション実施)
  男性育休専用の相談窓口を設け、相談者の実際の給料を元に育児休業中の手取り額をシミュレーションするなど、社員の不安を解消しています
③子育て男性社員による社内コミュニティ活動
  仕事と育児の両立に関心のある有志社員による社内コミュニティを立ち上げ、積極的に社内広報により発信することで、男性社員の育児と仕事の両立に向けた風土醸成を促進しています

活動前は男性育休取得率2.56%(1名)でしたが、上記活動により、男性育休取得率38.74%(19名、平均取得日数42.6日)を実現しました。
今後も男性育休の取得を推進し、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場(コミュニティー)を作ります。

2020/08/05 21:20
  • 株式会社MASTER PIECE(法人番号1180001108633)

株式会社MASTER PIECE 戸谷年宏 セールスプロモーション事業部 部長代理

MASTER PIECEは男性の育児休暇を安心して取得出来る環境作りを継続して整えていきます!
イクメンを応援します!

2020/07/29 12:12
  • Restaurant UOZEN

Restaurant UOZEN 代表 井上真理子

男性の育児休業取得促進をはじめとした、
男性の育児参加を積極的に応援しています!
いきいきと、仕事と家庭を両立できるよう
しっかりと社員をサポートしています。

2020/07/28 10:27
  • オフィス上々

オフィス上々 加藤直人 ロボえもん事業部部長

男性も育児がしやすい職場を目指します。

2020/07/28 09:15
  • 株式会社NTK(法人番号6200001023131)

(株)NTK 勝野浩行 代表取締役社長


男性が育児休暇を取得しやすい職場環境づくりに努め、男性社員も安心して子育てに参加できる企業を目指します。

2020/07/16 17:20
  • 株式会社西日本キャンパック(法人番号6200001002399)

株式会社西日本キャンパック

従業員の約9割を男性が占める当社は、男性でも取得しやすい育児休業規程を設け、育児休業取得を推進します。
また、家庭においてそれぞれの立場を理解するため、家族による会社見学を実施し、よりよいワークライフバランスを目指します。

2020/07/16 12:37
  • ジョブマネ株式会社(法人番号7360001023065)

ジョブマネ株式会社 小林康裕 代表取締役

【宣言】
ジョブマネ株式会社は、男性の育児参加を応援します!

【活動内容】
既に、育児休暇や子の看護休暇など男女関係なく子育てに安心して取り組めるような制度は設けておりますが、若手男性社員の多い会社なので、より一層、社内制度の周知や活用呼びかけに注力いたします!

2020/07/09 15:16
  • テイト・エンタープライズ株式会社(法人番号8270001005385)

テイト・エンタープライズ株式会社

テイト・エンタープライズ株式会社は、イクメンプロジェクトに賛同します。

2020/06/29 14:51
  • GMOフィナンシャルホールディングス株式会社(法人番号9011001072077)

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社 代表執行役社長 CEO 鬼頭 弘泰

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社はイクメン企業宣言します。

これまでもパートナーの育児と仕事の両立を支援(育児休業・職場復帰、短時間勤務、在宅勤務など)してきましたが、
今後はさらに、男性パートナーが積極的に育児休業を取得しやすい、職場環境の整備(柔軟な働き方の制度導入や評価制度の再考)や、組織風土の醸成(両立支援の啓蒙)を図ってまいります。

2020/06/18 18:22